保育士転職はいつから準備するべき?

保育士としての転職を志す場合、その準備は前年の9~10月ごろにスタートするのが最も効果的です。

ではどうしてこういえるのかというと、これは保育士求人が1~3月に集中しているからというのが理由です。


保育士という仕事は一般的なサラリーマンとは異なり子供を相手にして育てるのが仕事です。

様々な分野のT-SITEの情報を掲載しませんか。

一度「先生」として入ったのに途中でやめると言うことは業界的にあまり褒められることではないとされていますから、退職をする人でも3月までは働くことが多いでしょう。

そうなると保育園としても次の4月に間に合わせるように求人を出したい、4月までに十分な人員を確保したいと思うことになりますから、転職者向けの求人は1~3月に集中するわけです。

さて、では1~3月に求人が集中するということを踏まえた上で、どうして9~10月にスタートをすればよいのかについてですが、これは一般的に転職活動には最低3ヶ月は必要になるからです。
自己分析やこれまで自分が積み重ねてきたキャリアの再確認、そして面接対策といったようなことをしていくにはやはり3ヶ月は無いと間に合わないでしょう。

実際のところ3ヶ月というのは「最低限これくらいは確保したい」というものですから半年前にはじめても良いのですが、1ヶ月や2ヶ月で転職をしようとすると失敗のもとになりますから注意が必要です。

保育士の求人に関する情報に追加しています。

保育士として働くのならば誰しも長く働きたいものです。



しっかり満足できる職場に巡り合えるよう、転職活動は計画立てて効率よく行っていきましょう。